\今おすすめのプロテインはこれ1択!/LYFT

ゴルフ スコア=126

先日コースを廻ったのでレビューする。

今回は特に1年前同じコースを回ったので比較してみる。

  従来 今回
時期 18年8月5日 19年8月4日
練習頻度 週0.5~1回 週3~4回
コース頻度 月0.5~1回 月1~2回
追加クラブ なし ユーティリティ
パター練習 なし コース前1~2回
当日朝練習 練習場40球 練習場40球
スコア 127 126
パタースコア 44 41

[今回の作戦]
1.セカンドで5ウッドを使って距離をかせぐ
2.パーの数-1でグリーンON 50%。パーの数でグリーンON 50%。

[結果]
1年間練習してきた結果、スコア変化なし。
7月から本気モードに切り替えて、手首が痛むのを毎日湿布と冷却でケアしながら練習に励んできたが、ほぼ成果なし。ばかりか、パターが良くなったことを考えると逆に悪くなっている。もしかして現地練習をしなかったことでミスショットが増えたか?いや、後半のスコアも悪いのでそれは関係なし。逆に事前練習しすぎて手首に負荷がかかりすぎたことも影響はある。(現に後半最後3ホールはずっと手首に痛みを感じながらのショットとなった)
もしかして、去年は自分のスイングスタイルも決まっていなかったので、やりながら調整して後半良くなったが、今年はたくさん練習したので「これで自分はいけるはず」などと変に固執して切り替えができなかったのかも知れない。

この1年間スコアは全然進歩がなく、結構頑張って練習しているのに成果がない。比較的運動はできる(体育はずっと5だった)はずなので、プライドも傷つきかなりモチベーションが下がってしまう。
 ”なぜ上手くならない”
と憤っても仕方ないので、明日から仕切りなおして再スタートを切る

[次に生かすこと]
1.ミスショット確率を大幅に減らすこと
2.飛距離の出るセカンドを打てること
3.トラブルリカバリーが確実にできること
→総じて、パーの数-1打でグリーン廻りの良い位置につける/乗せること
以上の作戦で108を目指す。

【参考】
[2018年8月5日コメント]
朝練習ではアイアンが右に行くので、手の返しを心掛けて左に飛ぶようになった。ドライビングレンジでも同様だが、距離が上手く取れなかった。パター練習はロングばかりした。
初めはティーショットが左にいく。さらにアイアンが左にいく(当たりも良くない)。パターは弱かったり強かったり。だが、パー+2ペース。パターは、坂をもう少し極端に考慮した方が良い。
上がり2ホールで、お腹もすいて崩れた。折り返しくらいで飴とか食べるべき。8番はアイアンが右に行き、9番はパターが5打。アイアンは慣れてくると、左ばかり行くので距離のみを意識→突然右リスクあり。18ホールで思ったが、アイアン途中慣れたら、距離と体傾けを意識してはどうか?良いショットが出る。
昼からは57打でハーフベスト。アイアンは右に行かせない、パターはとにかくタッチ優先。が効いた。課題は、アプローチ。左右、距離ともに合わない。これが出来ないと2パット出来ない。。

[2019年8月4日コメント]
1.ドライバー右にいく
→しっかり返す
2.5ウッドはトップする。
→昼から使わない。しばらく封印。
3.トラブルリカバリーNG
→頭を残すこと。
4.アイアンダフる&右にいく
→距離と返すことに集中する

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる