\今おすすめのプロテインはこれ1択!/LYFT

キロロスを飲むタイミングは?効果的な飲み方をズバリ解説!

この記事では、キロロスを飲むタイミングや飲み方について解説します。

せっかく飲むならダイエット効果を最大にしたいですよね!

キロロスの力を効果的に発揮するためには、飲み方に5つのポイントがありますので、飲み始める前にぜひチェックしておいてください。

目次

キロロスを飲むタイミングはズバリ食前30分前!

まずはキロロスの飲むタイミングについてお伝えします。

ずばり、食前30分前が正解!

脂肪抑制に効果を発揮しようと思うと、食後の方が良いのでは?と思う人もいるかもしれませんが、「逆」です。

脂肪の合成を阻害する力があるので、摂取した糖分が分解するまでの時間を計算して早めに摂取する方が良いでしょう。

ジブ
ジブ

厳密に30分前でなくても全然大丈夫ですよ!

キロロスはいつ飲むのが効果的?おすすめは朝!

キロロスはいつ飲むのが効果的なのでしょうか?

結論からいうと、おすすめは「朝」飲むこと!

キロロスは、朝2錠か、朝1錠+夜1錠飲むのが効果的ですので、ぜひ試してみて下さい。

それではキロロスを飲むタイミング別にメリットを解説してきます。

朝飲む場合のメリット【おすすめ】

キロロスを朝飲む場合のメリットは、一日これから摂取する糖分が脂肪に変わるのを抑制できることです。

まず確認しておきたいのは、朝食はしっかり食べた方が継続的に痩せやすい体質になることですが、一方で糖分が脂肪になることも防ぎたいですよね。

キロロスを飲めば、朝食時に取った糖を脂肪に変える酵素GPDHの活性を抑制してくれるので、ダイエット効果をしっかりと得ることができるでしょう。

昼飲む場合のメリット

キロロスを昼飲む場合のメリットは、昼食時に摂取した糖が脂肪に変わるのを防いでくれることです。

メカニズム自体はどの食事でも同じですが、昼食時は出先になることも多いかもしれませんので、ついつい飲み忘れてしまいがち…。

昼食時はキロロスは飲まずに、単純に食べる量を抑えることの方がおすすめですよ。

夜飲む場合のメリット

キロロスを夜飲む場合のメリットは、脂肪生成が行われる夜のタイミングに効果的にアプローチできることです。

夕食は18時までに食べられれば、22時から深夜2時までの脂肪生成タイムに糖分を送り込むことを防止できますが、なかなか夕食時間は早くできないですよね…。

このキロロスを夕食30分前に飲めば、多少夕食時間が遅くなっても、効果的に脂肪生成を抑えることができるでしょう。

キロロスの効果的な飲み方|気をつけるべき5項目

キロロスの正しい飲み方について、気をつけるべき5項目を解説いたします。

単純にダイエットサプリといってその効果によって飲み方は様々です。

ここではキロロスが脂肪合成を抑制するという働きから、最も効果的な飲み方をまとめました。

購入前に事前にチェックして効力の最大化を狙っていきましょうね。

飲むタイミングは決めてルーティンにする

まずキロロスを飲むタイミングは1つに決めて、かつルーティンにしましょう。

食前30分前に飲むといっても、合図がないと30分前に気づきませんよね…

朝起きてすぐとか、帰宅後すぐとか、自分なりのフラグを立ててキロロスの摂取を生活の一部に取り込みましょう。

おすすめは生活の動線上にサプリメントの袋を置くこと!

目に入る位置にキロロスがあれば「あ、飲まなきゃ」となりますよね♪

ジブ
ジブ

歯を磨くように、キロロスを飲もう!

水かぬるま湯で飲む

キロロスの正しい飲み方の2番目は、水かぬるま湯で飲むこと!

キロロスは機能性表示食品であり、多数の成分が含まれています。

これらの成分の効力を最大限に生かすために、化学的に他の物質と反応することがない、安定した飲料で飲むことが大切です。

もしコーヒーやジュースなどで飲んでしまうと、せっかくの有効性が不活性化されるリスクもあります。

体の中でその効力を確実に発揮してもらうために、できるだけシンプルな飲料で摂取しましょう。

ジブ
ジブ

水やぬるま湯には代謝を上げる効果もあります!

朝食前に2粒飲む

次に紹介するキロロスの飲み方は、朝食前に2粒飲むことです。

脂肪合成を抑制するために、1日の早いうちにキロロスを摂取して、効率的に効力を発揮させましょう。

また夕食はその日その日で、仕事や他の用事で生活パターンが変わるので、キロロスの摂取をルーティン化することが難しいという人もいるはず…

朝は夕方よりも生活自体がルーティン化させやすいので、飲み忘れを防ぐという効果もありますよ。

ジブ
ジブ

1日1回の方が面倒くさくないですよね!

3か月以上は続けて飲む

続いて大切なのは3か月以上は続けて飲むことです。

キロロスの臨床データをみると、男女32名にエラグ酸を1日3mgを12週間(3か月)継続摂取させたところ、体重や体脂肪率の減少などの効果があったそうです。

つまり3か月は続けないと効果は出にくいということが試験データから分かっています。

またTwitterなどのSNSを見ると、1~3か月で効果が出たという人が多かったです。

ジブ
ジブ

ルーティン化して気長に続けるのがおすすめですね!

毎日続けて飲む

キロロスの正しい飲み方の5番目は毎日続けて飲むことです。

キロロスは脂肪を減少させるサプリメントではなく、脂肪が増えるのを防ぐもの。

つまり脂肪が増えない状態を作り、後は基礎代謝や運動などで脂肪を減らしていくというプロセスです。

脂肪が増えない鉄壁のガードを作るためには、毎日欠かさずに飲まなければなりません。

1回くらいなら、1日くらいなら、と思わず、毎日毎日積み重ねていきましょう。

ジブ
ジブ

まさに、ちりも積もれば山となるの世界です!

キロロスの飲み方に関するよくある7つの質問

キロロスの飲み方についてよくある7つの質問にお答えしていきます。

実際に体の中に入れるものなので、しっかりと細かいところまで確認しておきましょう。

Q①:妊娠中や授乳中に飲んでも大丈夫?

キロロスは医薬品ではなく、健康食品なので基本的には人体に対する影響はありません。

しかし妊娠中や授乳中は、小さな赤ちゃんに思ってもみない影響が出てしまうときです。

キロロスの使用に関しては、かかりつけ医の指示に従った方が良いでしょう。

Q②:子どもが飲んでも大丈夫?

安心・安全な成分を使用しているので、子供が飲用してももちろんOKです。

ただし子どもは元々栄養をしっかり摂取して、しっかり運動して成長していくもの。

代謝も良いですし、規則正しい生活を送っていれば、サプリメントの摂取は必要ないでしょう。

Q③:どのくらいの量を飲めばいい?多く飲んでも効果はなし?

キロロスは、飲めば飲むほど効果が出るようなものではありません。

多くのデータや臨床試験から、1日2錠が適正だと言われていますので、必ず守ってくださいね。

また飲み忘れた分を、あとから追加で飲んでも意味はありませんので注意しましょう。

Q④:いつから効果が現れる?

キロロスは、12週間以上継続して飲むことが効果が出ると言われています。

個人差はあると思いますが、私の場合も3ヶ月続けて飲むことが体重が減少しましたので、やはり数ヶ月というのが目安になるでしょう。

実際にキロロスを数ヶ月飲んでみた私の口コミ体験談は、こちらの記事で紹介していますので、合わせてチェックしてみてくださいね。

>>キロロスを実際に飲んみた私の口コミ体験談

Q⑤:副作用はある?

キロロスには副作用はありません。

ただキロロスを飲み過ぎると、消化に負担がかかったり、栄養バランスがくずれたりするリスクもありますので、きとんと用法や用量を守りましょう。

Q⑥:他の薬やサプリメントと併用できる?

服用している薬と一緒にキロロスを飲んでみいいか、かかりつけの医師に相談しましょう。

サプリメントなら、キロロスと併用できますので、問題ありませんよ。

Q⑦:飲み忘れたら効力はなくなる?

キロロスを飲み忘れたら効力はなくなってしまうのでしょうか?

基本的には毎日飲むことを推奨していますが、効力がなくなるということはありません。

飲まなかった日の分の脂肪合成がされるというだけで、脂肪が増えていく、あるいは元の脂肪量に戻るということはないといえます。

例え数日空いてしまったとしても、また摂取を続けていけば、きっと期待するような良い影響が現れてくるでしょう。

キロロスの飲み方についてまとめ

  • 朝食30分にルーティン化して飲むのがおすすめ
  • 根気よく3か月くらいは飲み続けるのが重要
  • 飲み忘れてもまた始めれば大丈夫

キロロスの正しい飲み方についてまとめました。

キロロスは脂肪合成を抑制する働きなので、劇的な効果はありませんが、長く継続することでダイエットの成果が出てくるサプリです。

実際にキロロスを飲んで、その効果を検証した私の体験レビューをぜひご覧ください。

>>キロロスの効果を検証した体験レビュー

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる