\今おすすめのプロテインはこれ1択!/LYFT

ラクルルは世界一受けたい授業で紹介された?番組で登場した腸活を全まとめ!

この記事では、ラクルルが世界一受けたい授業で紹介されたという噂について検証しました。

はじめに結論から言ってしまうと、ラクルルは世界一受けたい授業に登場していません…。

しかし、世界一受けたい授業で話題になった腸活とラクルルには深い関係があります。

世界一受けたい授業とラクルルとの関係を聞きたい人はこの記事を、ラクルルの腸への影響を詳しく知りたい人はこちらの公式サイトを読んでみてくださいね。

\ 初回498円+300円クーポンあり! /

目次

結論!ラクルルは世界一受けたい授業で紹介されたわけではありません…

ラクルルは世界一受けたい授業で紹介されていません…。

世界一受けたい授業では過去2~3回、腸内環境を改善させる「腸活」をテーマとして扱っています。

一方ラクルルは、約9,000億個の乳酸菌が配合されているサプリメントで、腸内環境に有効にアプローチする商品です。

ラクルルの利用者の中には、腸活=ラクルルのイメージが強い人もいるでしょう。

そのため世界一受けたい授業で腸活がテーマになった時に、利用者がラクルルの話題をした可能性があります。

その結果として「世界一授業でラクルルが紹介されたのではないか」という間違った情報が流れたのでしょう。

次の章では、なぜ世界一受けたい授業とラクルルが同時検索されるのかについてお届けします。

ラクルルが世界一受けたい授業で検索される3つの理由

ラクルルが世界一受けたい授業で検索される理由は、主に3つあります。

一言でまとめると、世界一受けたい授業で話された内容とラクルルが深く関係しているからです。

どのような内容がラクルルと関係しているのか知りたい人は、是非確認して下さいね。

理由①:授業で紹介したヤセ菌と相性の良い善玉菌を増やせるから

世界一受けたい授業では、腸内菌の中でもヤセ菌が注目されています。

実はそれと相性の良い善玉菌は、ラクルルを飲むことによって増やすことができます。

ヤセ菌は日和見菌のひとつです。

日和見菌は、善玉菌と悪玉菌のうち数が多い方の味方をします。

そのためヤセ菌を増やすためには善玉菌を増やす必要があるのです。

ラクルルには約9,000億個の乳酸菌や生きて腸まで届く酪酸菌など、善玉菌の元が配合されています。

さらにオリゴ糖や水溶性食物繊維など、善玉菌のエサとなる成分なども多いです。

ラクルルを飲んで善玉菌を増やすことは、ヤセ菌の増加にもつながります。

理由②:Youtubeに出るくらい乳酸菌サプリとして有名だから

ラクルルは、YouTubeにも出るくらい乳酸菌サプリとして有名です。

YouTubeをみていると、ラクルルの広告の動画やラクルルについて紹介しているものをよく見かけます。

ラクルルは満足度調査で3冠に達するほど利用者満足度が高いです。

これだけ多くの人が効果を実感できているのなら、そのラクルルについて紹介したい人も出てくるでしょう。

YouTubeでラクルルの動画が多いのは、このサプリが好印象で人気のサプリである証拠です。

理由③:授業で出てきたお酢の成分がラクルルに入っているから

世界一受けたい授業ではお酢も紹介されていますが、その成分がラクルルには入っています。

授業の中で紹介されているデブ菌を撃退させるメニューのひとつが、キャベツの食物繊維と酢の組み合わせたレシピです。

一方でラクルルにも食物繊維や、酢の主成分である酢酸を作りだす酪酸菌が配合されています。

授業で紹介されたレシピを毎日作るのは大変です。

ラクルルは決められた量を飲むだけで、特別な調理過程は必要ありません。

ラクルルを飲むことで授業で紹介されたデブ菌撃退メニューの効果を実感することができます。

世界一受けたい授業で紹介された腸活のすべて!

続いて、世界一受けたい授業で登場した腸活について、全放映分をご紹介します。

番組で出てきた腸活は、全部で3回です。

それぞれの回で放映された話をご紹介しますので、ラクルルとの関係性をしっかり理解しておきましょう。

①:デブ菌を減らしヤセ菌を増やす腸活(2018年4月放映)

世界一受けたい授業の番組で初めて腸活が登場したのは、2018年4月でした。

この回では、デブ菌が多いことが痩せない理由と紹介されています。

つまり腸活とは、腸内のデブ菌を減らしてヤセ菌を増やすことだということです。

実はこのヤセ菌は、ラクルルと深い関係があります。

ラクルルには、善玉菌のエサが多く配合されているので、自然と善玉菌が増えていき、結果的にヤセ菌を増やすことにつながるのです。

②:消化スピードを使うアダムスキー式腸活(2021年5月放映)

次に腸活が、世界一受けたい授業で話題になったのは、2021年5月です。

この回では、アダムスキー式腸活術が紹介されました。

アダムスキー式腸活術とは、「消化のスピードが違うものを一緒に食べると消化するのに時間がかかるため、腸に負担がかかり、結果として腸内環境が悪化してしまう」という考え方です。

このアダムスキー式腸活術は、食べ物の消化時間を覚えていないといけません…。

ラクルルなら、消化時間を考えて食べる順番を工夫する必要はなく、ただ飲むだけで腸内環境を改善することができます。

より手軽に腸活したい人に、ラクルルは向いているといえるでしょう。

③:乳酸菌・ビフィズス菌を使った腸活(2022年6月放映)

2022年6月の世界一受けたい授業では、乳酸菌・ビフィズス菌を使った腸活が紹介されました。

授業の中では、腸活に使う菌の量や種類についてこだわることが推奨されていました。

特に乳酸菌やビフィズス菌が、腸活に有効だということです。

これらの菌を腸内に取り込むことでストレスを軽減したり、免疫機能を強化させるなどの効果が期待できます。

しかしこれらの乳酸菌は、胃酸などの消化液に弱く、腸までたどりつけないことも…。

一方ラクルルの乳酸菌なら、生きたまま腸に届くよう工夫されています。

摂取効率なら、ラクルルの方が高いかも知れませんね。

ラクルルと世界一受けたい授業についてまとめ

  • ラクルルは世界一受けたい授業では紹介されていない
  • 世界一受けたい授業で登場した腸活はラクルルを飲むことで実践できる
  • ラクルルは様々な腸活の弱点をカバーしている

以上の内容をお届けしました。

ラクルルは世界一受けたい授業では紹介されていません。

ですが、授業で紹介されている腸活なら、代わりにラクルルを飲むことによって実践することができます。

ラクルルはサプリメントなのでどこでも簡単に飲むことができ、より手軽に腸活ができるでしょう。

早速ラクルルを試したい人は、お得な値段で購入可能な公式サイトをチェックして下さい。

\ 初回498円+300円クーポンあり! /

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる