\今おすすめのプロテインはこれ1択!/LYFT

ラクルルを飲むと下痢や便秘をする?知っておくべき3つの副作用をご紹介!

この記事では、ラクルルの下痢や便秘などのトラブルをまとめました。

ラクルルは腸内環境にアプローチするサプリメントです。

そのため、飲み方を間違ってしまうと思わぬ便通のトラブルを引き起こす可能性も…。

ラクルルの副作用や、下痢や便秘が起こる原因&対策を解説しますので、上から順に読み進めてください。

目次

ラクルルの3つの副作用を知っておこう!

ラクルルの3つの副作用について紹介します。

ラクルルを試してみたいと思っているけど、身体に悪影響を与える副作用が心配な人もいるでしょう。

まずはラクルルにどのような副作用が考えられるのか、確認をしていきましょう。

ラクルルの副作用①:下痢をする人も…

ラクルルの副作用で下痢になってしまう人がいます。

ラクルルには約9,000億個の乳酸菌や腸内環境を整えるためのサポート菌が配合されているのが特徴です。

それらの菌が腸内環境を整えることで便通が改善し、ダイエットを効果的にすすめることができるようになります。

腸内環境は人それぞれです。

そのため自分の腸とラクルルに含まれている菌の相性が悪いという状況も考えられ、最悪の場合下痢になってしまう可能性があります。

ラクルルの副作用②:便秘になる人も…

ラクルルの副作用で下痢になる人もいますが、逆に便秘になる人も…。

9,000個以上の乳酸菌の他に、善玉菌のエサであるオリゴ糖や悪玉菌を減らす効果がある水溶性食物繊維がラクルルには含まれています。

その水溶性食物繊維のおかげで、腸内環境を整えて便秘の解消もできるかも知れません。

一方で、ラクルルに含まれている菌で腸内環境を整えても、水分が足りなかったり寝不足など生活習慣が乱れたりすると、逆に便秘になることもありえます。

ラクルルの副作用で便秘になってしまった人は、生活習慣の改善を心がけて下さい。

ラクルルの副作用③:逆に太る人も…

ラクルルの副作用で、逆に太ってしまったという人もいるようです。

ラクルルを飲み始めてから体重が増えてしまった人達は、ラクルルのダイエット効果を信じすぎて普段の食事を食べ過ぎてしまっている可能性も…。

残念ながら、ラクルルは飲むだけで痩せるサプリメントではありません。

ラクルルは腸内環境を整えてダイエットをサポートするサプリメントなので、油断して食べ過ぎてしまっては期待する効果は得ることは難しいでしょう。

ラクルルで下痢をするのはなぜ?

ラクルルで下痢をしてしまう主な原因は、含まれている乳酸菌等と自分の腸との相性が悪いからです。

ラクルルは約9,000億個の乳酸菌や生きた酪酸菌が配合されてます。

この多くの菌達が腸内環境を整えることによって、便秘が解消され、ダイエット効果を期待できるのです。

万が一、ラクルルに含まれている菌と自分の腸との相性が悪い場s1s1合は、腸内環境が逆に悪化してしまう可能性も…。

腸内環境が乱れてお腹の調子を崩してしまい、下痢を引き起こすのです。

さらには自分の腸とは合わない菌を異物と勘違いをして、便にて体外に排出しようとする作用が働くので、下痢になってしまうとも考えられています。

ラクルルで便秘をするのはなぜ?

ラクルルに含まれている菌が自分の腸に合わないと下痢ではなく、便秘を引き起こす人もいます。

菌と腸の相性が悪ければ、腸内環境は改善しません。

ラクルルに含まれている乳酸菌や腸内フローラサポート菌によって腸内の善玉菌を増やし、便秘の解消が期待できます。

これは逆に腸内環境が改善しなければ、便秘の解消は期待できないということです。

ラクルルを飲んでいるにも関わらず腸内環境が悪化する場合、睡眠不足などの不規則な生活習慣や食生活の乱れが影響している可能性も…。

せっかくラクルルを飲んで便秘の解消を期待しても、腸に悪影響を与えるような生活をしていればその効果を100%発揮するのは難しいといえるでしょう。

ラクルルを飲んで便秘になってしまった場合は、含まれる菌と自分の腸が合わない可能性も考えれますが、腸に悪い生活をしていないかの確認もして下さい。

副作用なくラクルルを飲むための3つの対策

副作用なくラクルルを飲むための対策は、主に3つあります。

対策方法を知っていれば、ラクルルの副作用は不安に思う必要はありません。

ラクルルの副作用が心配な人は、1つずつ読んでポイントを理解しておきましょう。

副作用対策①:ご自身の乳酸菌耐性を確認する

副作用なくラクルルを飲むために、自分自身が乳酸菌を処理できるかを確認して下さい。

もし乳酸菌をしっかりと処理できないようであれば、9,000億個以上の乳酸菌が含まれているラクルルを飲んだ時に下痢になる可能性も…。

特に牛乳やヨーグルトなどの乳製品を摂取する際に下痢をしてしまう人は注意して下さい。

乳酸菌に耐性がない人は、お腹の調子や体調を確認しながらラクルルを飲むようにすることが必要です。

副作用対策②:朝からの服用を避ける

次にご紹介するラクルルの副作用対策は、朝からの服用を避けることです。

寝起きは胃や腸などの内臓器官も覚醒しておらず、効率的な消化活動を行うことができません。

また冷たい水などでラクルルを飲んでしまうとお腹を冷やしてしまう可能性があり、その刺激で下痢になってしまう人もいます。

ラクルルを飲んで便秘が心配な人は、朝一番から飲むことは避けることや、白湯などの温かい飲み物で飲むことを意識しましょう。

副作用対策③:かかりつけの医師に相談する

ラクルルの副作用で下痢をしたり、体調を崩したりした人は、一度かかりつけ医に相談をして下さい。

ラクルルは安全なサプリメントなので、妊娠中や授乳中でも飲むことが可能です。

そんなラクルルを飲んで体調を崩した場合は、普段内服している薬や自分自身の病気に悪い影響を及ぼしてしまっている可能性もあるかも知れません…。

万が一ラクルルを飲んで体調を崩してしまった場合は、飲むことを中止してかかりつけ医の相談して指示にしたがって下さい。

ラクルルの副作用についてまとめ

  • ラクルルに含まれている菌と自分の腸との相性が悪いと下痢や便秘を引き起こす
  • ラクルルを飲む前に自分に乳酸菌耐性があるかを確認しておくとよい
  • ラクルルの副作用対策として、朝に飲むことを控えることがポイント
  • ラクルルを飲んで体調を崩してしまったら一度かかりつけ医に相談を行う

以上の内容をお伝えしました。

ラクルルには9,000億個以上の乳酸菌で腸内環境を整えるメリットもありますが、下痢などの副作用を引き起こしてしまうデメリットもあります。

ラクルルの副作用が心配な人は、ご紹介した対応策を試してみることがおすすめです。

実際にラクルルを試した私の口コミ体験談は、こちらの記事で紹介していますので、副作用など気になる人はぜひ読んでみてくださいね。

>>ラクルルを数ヶ月試した私の口コミと評価

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる