\今おすすめのプロテインはこれ1択!/LYFT

エドワード加藤の胸トレーニング5選を紹介!ベンチプレスが最強!?

この記事では、エドワード加藤の胸トレーニング5選を紹介いたします。

エドワード加藤といえば、日本を代表するフィジークの選手ですが、イケメンでスタイリッシュな体が魅力的ですよね!

世界大会で通用する大胸筋を作るために、エドワード加藤が行っている胸トレーニング種目を5つ紹介するので、分厚い胸板を手に入れたい人はぜひ参考にしてみてくださいね。

ジブ
ジブ

早速胸トレーニングメニューを5つ発表していきますね

目次

大胸筋を鍛えたい人へ!エドワード加藤の胸トレーニング5選を紹介します

胸トレーニング胸筋への有効度
ダンベルベンチプレス
マシンショルダープレス
チェストプレス
ダンベルフライ
ケーブルクロスオーバー

それでは早速大胸筋を鍛えたい人のために、エドワード加藤の胸トレーニング5選を紹介いたします!

これらの5つの胸トレメニューは、エドワード加藤が一般向けに公表しているメディアから情報をまとめて作りました。

1つずつ胸トレーニングの詳細内容を解説していきますので、胸を鍛えたい人は上から順にチェックしてみてくださいね。

ジブ
ジブ

エドワード加藤みたいな素敵な胸を作っていきましょう!

エドワード加藤の胸トレ①:ダンベルベンチプレス

Incline Dumbbell Press by エドワード加藤

  • 10REPS ×3SETS(40KG)

最初に紹介したいエドワード加藤の胸トレは、ダンベルベンチプレスです。

インクラインベンチを使って30度くらい(低め)でトレーニングするのがおすすめ!

角度をつけすぎると胸ではなく、肩に効いてしまうからです。

しっかり前腕を地面に垂直になるようにして、そして上に上げるときはやや”弧”を描くように上げていきましょう!

ジブ
ジブ

エドワード加藤は40KG ですが、あまりウェイトを上げすぎないようにしよう!

エドワード加藤の胸トレ②:マシンショルダープレス

Machine Shoulder Press by エドワード加藤

  • 10REPS ×3SETS

次に紹介したいエドワード加藤の胸トレーニングは、マシンショルダープレスです。

ウェイトがつながったバーを両手で握り、座った状態でバーを持ち上げていくトレーニングになります。

ポイントは、「バーを下げるときは耳の高さまでしか下げないこと」!

初心者は軽めの負荷で正しく筋肉が使えるようにするのがコツですね。

ジブ
ジブ

腕の力でなく、”胸”の力を使う意識を持ちましょう!

エドワード加藤の胸トレ③:チェストプレス

Chest Press by エドワード加藤

  • 10REPS ×3SETS (20KG×2)

エドワード加藤の胸トレーニングの3番目は、チェストプレスです。

マシンショルダープレスと同様に、ウェイトがつながったバーを両手で握り、体の前方にプッシュしていくトレーニングになります。

ポイントは、「バーの高さを胸の高さにすることと肩甲骨をしっかり寄せること」!

前腕をまっすぐ前に出すことで、腕の力に頼らずに”胸”の力でプッシュすることができますよ。

ジブ
ジブ

しっかりトレーニングできたら胸がプルプルするのが感じられますよ!

エドワード加藤の胸トレ④:ダンベルフライ

Dumbbell Fly by エドワード加藤

  • 10REPS ×3SETS (18KG×2)

エドワード加藤の胸トレーニング4番目は、ダンベルフライです。

ベンチに仰向けに寝転がり、ダンベルを両手に握り、弧を描くように上方に持ち上げていきます。

ポイントは、「肘を90度よりも広めにしておくこと」!

肘が閉じてしまうと、腕の筋肉を使ってしまうので、肘を開いてしっかり胸の筋肉を使っていきましょう!

ジブ
ジブ

羽が開いたり閉じたりするイメージを持ちましょう!

エドワード加藤の胸トレ⑤:ケーブルクロスオーバー

Cable Crossover by エドワード加藤

  • 10REPS ×3SETS

最後にご紹介するエドワード加藤の胸トレーニングは、ケーブルクロスオーバーです。

ケーブルの先端にウェイトが接続されていて、両手でそのハンドルを握り、体の前方にハンドルを引っ張るトレーニングになります。

ポイントは、「体をやや前傾姿勢にすること」!

前傾姿勢になることで、肘の動きとケーブルの伸縮方向が同じになり、腕の力でなく、胸の力を効果的につかうことができます。

ジブ
ジブ

体重を乗せるイメージで胸を締めていくのがコツ!

エドワード加藤みたいな胸になるにはやっぱり『ベンチプレス』がおすすめです!

エドワード加藤みたいな胸になるには、やっぱり胸トレの代表格『ベンチプレス』がおすすめ!

正しくベンチプレスするには、フォームが大切!

  • バーは肩幅より広く持つ
  • 胸を張って肩甲骨を寄せる
  • バーは自然に持ちやすい位置を探す

などのポイントを守って、効果的に胸のトレーニングをしてみてくださいね。

ジブ
ジブ

エドワード加藤の美しい胸を目指しましょう!

エドワード加藤の胸トレーニングについてまとめ

  • エドワード加藤の胸トレーニング5選を紹介!
  • 腕の力に頼らず、”胸”の力を使うことを意識!
  • ベンチプレスが胸トレにはやっぱりおすすめ!

エドワード加藤の胸トレーニング5選を紹介しました!

胸トレーニングは、正しいフォームで実践しないと、腕の力を使ってしまいがちです。

ポイントをよく理解して、エドワート加藤の胸トレに挑戦してみてくださいね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる