\今おすすめのプロテインはこれ1択!/LYFT

メディキュットを履くとかゆい!かぶれやチクチクの3つの原因と対策を解説!

この記事では、メディキュットでかゆくなる人のために、かぶれやチクチクの原因と対策についてまとめました。

「メディキュット履くと跡がかゆくなる。。」

「メディキュットがチクチクしてかゆい。。」

メディキュットがかゆい時の原因って気になりますよね?

原因がわかれば対策もできますよ!

調査の結果、メディキュットがかゆくなる原因は主に3つある事がわかりました。

一つずつ紹介するとともに対策をお伝えするので、最後までご覧ください。

目次

なぜかぶれる?メディキュットがかゆくなる3つの原因を解説します!

項目内容
原因①肌が乾燥し刺激になっている
原因②サイズがタイトになっている
原因③素材が肌に合っていない

メディキュットや骨盤サポート等がかゆくなる原因として、上の3つの原因が考えられます。

このかゆくなる原因がなければずっと履き続ける事ができるのに!!

って思いますよね?

ぜひ、なぜそうなるのか?そのメカニズムを理解していきましょう!

メカニズムの理解が深まる事で対策にも力が入りますよね!

ここではしっかりと原因と向き合っておきましょう。

最後にはその対策もご紹介しますので、ご覧ください。

かゆみの原因①:肌が乾燥してメディキュットが刺激になってしまう

まず、一つ目の原因は肌が乾燥してメディキュットが刺激になってしまうパターンです。

肌が乾燥すると、バリア機能が低下します。

そこに外的要因であるメディキュットが触れてしまうとかゆみが発生してしまいます。

特に膝裏は敏感なので、メディキュットが触れてかゆくなる人も多いみたい…

これはストッキングやハイソックスでも起こる現象です。

メディキュット骨盤サポートやメディキュットクールなども同様にかゆいと感じてしまうでしょう。

かゆみの原因②:メディキュットのサイズがきつくて血行不良になってしまう

2つ目の原因は、メディキュットのサイズが小さくて締め付けてしまってかゆくなるパターン。

着圧レギンスははじめからサイズぴったりで作られています。

着圧の効果は、適度に締まることで、血行促進を促す事にあります。

ポイントは「適度に」です。

効果を得たいからといって、サイズをワンサイズ小さいものにするのはやめた方がいいです。

サイズがキツ過ぎると、脱いだあとにメディキュットのゴム部分がかゆくなってしまいます。

乾燥の時と同様に、肌に軽い炎症を起こしてしまうということです。

かゆみの原因③:メディキュットの素材が肌に刺激を与えてしまう

メディキュットの素材もかゆみがおこる原因の一つにあげられます。

化学繊維などは特に乾燥時にはかゆみを起こすことになるので注意が必要!

化学繊維などは、肌に擦れた場合にかゆみが生じることがあります。

自然素材(綿やシルク)が含まれている繊維にすると少し緩和する事が可能になるでしょう。

メディキュットのかゆみ対策3選!かぶれ・チクチクから解放されよう!

項目内容
対策①足の保湿ケアをする
対策②ジャストサイズを選ぶ
対策③着用時間を短くする

ここまでメディキュットのかゆみの原因について解説してきました。

乾燥によるかゆみ、サイズによる血行不良、化学繊維によるかゆみ…

「でも、どうやって対策すればいいの?」

「対策は難しい?」

気になりますよね?

結論からいうと、対策は難しくありません。

  • 足の保湿ケアをする 
  • ジャストサイズを選ぶ
  • 着用時間を短くする

どの対策も実に簡単に、効果を発揮するものばかりです。

それでは、一つずつ詳しく紹介していきます。

かゆみ対策①:足の保湿ケアをしてからメディキュットを履く

乾燥によるかゆみは「足の保湿ケアを十分行うこと」で緩和できます。

季節問わず乾燥してしまう人なら、いつも保湿ケアはされていると思われますが、冬限定で乾燥する方は普段から保湿ケアをされていない方が多いです。

しかし意外にも、足は季節問わず乾燥しています。

お風呂上がりの保湿ケアはもちろんのこと、寝る前、起きた後にするとより効果的!

私の保湿ケアのおすすめは「ニベアクリーム」です。

乾燥気味な部分を中心にクリームを馴染ませていきましょう!

かゆみ対策②:メディキュットはジャストサイズを選ぶ

続いての対策は、メディキュットのサイズが小さいことでおこる血行不良によるかゆみの対策です。

すばり「ジャストサイズを選ぶ」こと!

着圧効果を得られるのは、小さいサイズではなくジャストサイズです。

メディキュットの太ももがかゆいと感じる人も多いので、1番負荷がかかる太もも部分がジャストのものを選びましょう!

ウエストや太もも以外の脚で選んでしまうとサイズが合わない可能性が出てきてしまいます。

太ももよりもヒップラインが大きい人は、ヒップラインがジャストのものを選びましょう!

かゆみ対策③:メディキュットの着用時間を短くする

最後に化学繊維などの素材に関する対策は、メディキュットの「着用時間を短くする」です。

化学繊維に関しては、有効な対策がほとんどないのが現状…

使われている素材を変化させることは不可能なので、こちらが対処していくしかありません。

例えば「朝から昼まで使用する」か「昼から夜まで使用する」などで分けて考えるといいでしょう。

もし一日中ではなく、半日使用するなら昼から夜までに使用することをおすすめします。

なぜなら、着圧によってむくみやすいのは夕方だから。

逆に寝汗をかきやすい夏は、メディキュットを夜中履くとかゆくなってしまうでしょう。

この場合は昼だけにするのがおすすめですよ。

ご自分にあった短時間の活用方法を試してみてくださいね。

メディキュットがかゆくなる原因と対策のまとめ

  • 乾燥によるかゆみは保湿ケアで対策!
  • サイズによる血行不良はジャストサイズで対策!
  • 素材によるかゆみは着用時間を工夫する!

メディキュットのかゆみ、チクチクの原因とその対策についてまとめました。

かゆみの原因は様々なので、あなたがどの原因でかゆみやチクチクが起こっているのかを冷静に見極める事が重要です。

その上で原因にあった対策をしてみてくださいね!

もしもかゆみやチクチクが止まらない場合は、かかりつけの医師に相談することをおすすめします。

快適なメディキュット生活で、むくみレスな生活を手に入れましょう♪

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる