\今おすすめのプロテインはこれ1択!/LYFT

BBQスタイル

我が家のBBQスタイルを紹介。

1.場所:庭

  8m×5m程度で決して狭くはないが、BBQコンロを横にして子供たちが遊ぶのは大変危険。地面は芝生だが、ほとんど手入れしていないため禿げかかっている。

2.時間:夕方

  私が必ずお酒を飲むため夕方から開始。昼に飲むとつい飲みすぎて、夜のお酒が楽しめなくなる。楽しく飲んでそのまま寝るのがベスト。また夏だと昼は暑すぎる。

3.メンバー:家族5人

  基本家族5人で実施。BBQを一緒にできるほど友達との家族ぐるみの付き合いがないのが実情。たまに互いの両親も呼んできてメンバーに入れることもあり。

4.肉メニュー:鳥せせり、豚ロース、牛小間切れ等

  子供たちが好きな肉を中心にそろえる。親は特別なこだわりがなく、たまに塩タンや軟骨を焼く。近所のお肉屋さんかスーパーで購入。

5.他メニュー:いか、魚、しいたけ、たまねぎ、とうもろこし

  タイムリーに父親が魚介類をもってくることがある。中でもいかは絶品。他は、しいたけ等を少し焼く程度。とうもろこしは切って焼くと子供たちに大人気。

6.アウトドアグッズ(大物):BBQコンロ、アルミテーブル&チェア、レジャーシート

 コンロとテーブル類はホームセンターで購入。レジャーシートはネットで購入。コンロは、ステンレス製の良いものでなく、最安価なもので、2年程度でいわば使い捨てにする。手入れせず外に放置するからだ。テーブル類は、以前プラスチック製の同種のものを使っていたが、紫外線でパリパリになって大人の体格の良い人が座った瞬間に割れた。なのでアルミ製に変更。値段は2倍だが、耐久性も今のところ2倍以上持っている。レジャーシートは裏側が耐水性になっていて、これも3年程度問題なく使えている。

7.アウトドアグッズ(小物):BBQ網、炭、カセットバーナー、トング、皮手袋、物置テーブル

 BBQ網は、ほぼ毎回新品で、近所のホームセンターでサイズの合うものを購入。290mm×380mmと小さめ。炭は、安価なものを購入し、余ったら家の裏の雨の当たらないところに保管。着火はカセットバーナーを使用。早いし、変な燃えカスが出ないのがメリット。トングと皮手袋を使うと、肉の油が落ちて炎上している中に手を突っ込んで肉を焼き続けることが可能。物置テーブルは、そばに焼く前、焼いた後のものをどんどん置くため、飲んでいるお酒を置くために必須。

以上でレベル4だと設定した。

アウトドアは、「グッズを購入して使いこなし、世界を広げていく」ことがメインの楽しみ方だと認識している。(違うかもしれないが)。一つずつグッズを購入しては、その世界(レベル)を段階的に広げて、RPGの魔法のようにその技術を身につけていきたい。

ということで、1記事で1レベルアップと設定する。

本記事でレベル5に上がった。テレテレッテッテッテー♪

目指せ!8記事!レベル11!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる