\今おすすめのプロテインはこれ1択!/LYFT

ピットソールのサイズ感は?交換はできる?サイズ選びのコツから正しい使い方まで徹底解説!

[PR]

この記事では、ピットソールのサイズ感や交換制度、サイズ選びのコツなどをお届けします。

痩せるインソールとして人気の高いピットソールですが、サイズを間違えるとダイエット効果が半減してしまうことも…。

最適なサイズ&正しい使い方で、ピットソールの効果を最大限まで高めましょう。

ピットソールの公式サイトにもサイズや使い方が解説してあるので、以下のリンクも合わせてチェックしてみてください。

\ 具体的なサイズはこちら! /

目次

まず確認!Pitsole(ピットソール)のサイズ一覧表をチェックしておこう!

サイズ足の寸法
XS21cm~22.5cm
S23cm~24.5cm
M25cm~26cm
L26.5cm~27.5cm

まずはPitsole(ピットソール)のサイズを一覧表をまとめました。

XSの最小サイズ21cmから、最大Lサイズの27.5cmまで広くラインナップしています。

子供から大人まで家族全員でピットソールが使えるのは嬉しいですよね。

ただしサイズ限界が27.5cmになっています。

足が大きい男性はピットソールの対応サイズがない場合があるので、注意しましょう。

Pitsole(ピットソール)の実際に履いたときのサイズ感はどう?

私がピットソールを実際に履いたときのサイズ感は、ぴったり!という印象でした。

私は足のサイズを測定すると、23.5㎝だったのでピットソールはSサイズ(23~24.5㎝)を選択。

お出かけ用の靴に入れて履いてみたところ、サイズ感はジャストフィット!

高さがちょっと心配でしたが、元のインソールを取ってからピットソールを入れるので、問題なく履けましたよ。

Pitsole(ピットソール)のサイズ交換時の3つの注意点!

Pitsole(ピットソール)はサイズ交換をすることができますが、その際に守るべき注意点があります。

スムーズにサイズ交換ができるように、購入前に頭に入れておきましょう。

注意点①:交換できるのは未開封の商品のみ

ピットソールのサイズ交換の注意点①は、交換できるのが未開封の商品に限ることです。

つまり一度実際に履いてみて、サイズが合わなかった…というピットソールについては交換できません。

例えば3足+1足セットを購入した場合、1足だけ試しに履いてみた場合につき、その残りの3足をサイズ交換できるということになりますよ。

注意点②:商品受け取りから30日以内に電話連絡が必要

次に紹介するサイズ交換の注意点は、ピットソールの受け取りから30日以内に電話連絡が必要ということです。

30日と聞くと結構余裕があると思ってしまいますが、放っておくとすぐに期限切れになってしまいます。

1週間程度はピットソールを試し履きをするのもいいですが、できるだけ早めに連絡するようにしましょう。

サイズ交換時の電話番号:

0120-120-729 受付時間:平日9:00~19:00 ※土曜日のみ18:00まで(日祝除く)

注意点③:往路分の送料は客先が負担

最後に紹介するサイズ交換の注意点は、往路分の送料は客先負担になることです。

でもサイズ交換の送料といえば、往路も復路も支払うことが多いので、ピットソールは良心的な設定ですね。

とはいえ送料も送る手間も掛かりますので、上の章で説明したサイズ選びのポイントを押さえて、ピットソールの交換をしなくていいようにしましょうね。

Pitsole(ピットソール)のサイズ選びに関する3つのコツをご紹介!

Pitsole(ピットソール)は通常の靴のサイズで選んでもいいですが、できれば守って欲しい3つのポイントがあります。

靴のインソールを選らんだことがない人はしっかり読んでみてくださいね。

コツ①:足の寸法測定をすること

最初に紹介するピットソールのサイズ選びのポイントは、足の寸法測定をすることです。

言葉にすると当たり前に聞こえますが、メジャーを使って寸法を測るのは面倒臭いもの…。

でも実際測定してみると、いつもの足のサイズとは意外と違っています。

ピットソールのサイズ間違いで後悔しないように、ちゃんと測りましょう!

コツ②:迷ったら大きめを選ぶこと

ピットソールのサイズ選びのポイント2つ目は、迷ったら大きめを選ぶことです。

ちゃんと足のサイズを測っても、2つのサイズのちょうど間で、どっちにしようか悩むケースもあるかも知れません。

その際は大きい方のサイズを選んでください。

なぜならピットソールは、少し大きめの状態からカットして入れるという使用方法なので、小さいと切り代がなくなってしまうからです。

もちろんジャストサイズが一番良いので、ちょうどいいサイズがあればそれを選択してくださいね。

コツ③:サイズ交換システムを利用すること

最後に紹介するサイズ選びのポイントは、サイズ交換保証制度を利用することです。

ピットソールは公式サイトで購入した場合に限り、未開封の商品を希望のサイズに交換することができます。

実際に履いてみて、万が一どうしてもサイズが合わなければ、残りの未開封ピットソールをサイズ交換しましょう。

サイズ交換方法を詳しく知りたい人は、こちらの公式サイトから最下部の”よくあるお問い合わせ”をクリックしてくださいね。

\ サイズ交換方法はこちら /

Pitsole(ピットソール)の正しい使い方を5ステップで解説!

Pitsole(ピットソール)の正しい使い方を5ステップで解説いたします。

1ステップずつ丁寧に説明するので、よく読んで実践してみてくださいね。

ステップ①:元のインソールを取り出す

ピットソールの使い方のファーストステップは、元のインソールを取り出すことから始めましょう。

何気ない作業に見えますが、もし元のインソールを取らないと、ピットソールがその上から重ねられてしまいます。

そうなると高さが合わなくなり、靴が窮屈になるので、必ず元の靴底は取ってくださいね。

ステップ②:ピットソールと元のインソールのかかとを合わせる

使い方の2ステップ目は、ピットソールと元のインソールのかかとを合わせることです。

つま先ではなく、かかとを合わせることで、一番重要なかかとや土踏まずのラインを崩すことがなくなります。

この時ピットソール側を下に、元のインソールを上に重ねるようにしてくださいね。

ステップ③:つま先の余分部分をペン等でなぞる

次のステップでは、ピットソールのつま先の余分なところをペン等でなぞりましょう。

下を下面に上を上面にしているので、ピットソールの足が接触する上面に書くことになります。

ペンはあまり太くないものを選んでくださいね。

ステップ④:余分をハサミ等で切り取る

ピットソールの余分なところをハサミ等で切り取っていきます。

多少ギザギザになっても機能上は問題ありませんが、見た目が気持ち良くありませんので、出来る限り丁寧に切り取ってくださいね。

ステップ⑤:シューズにセットして確認する

ピットソールの使い方の最後のステップは、シューズにセットして確認することです。

おそらく問題なくフィットすると思いますが、万が一上手くセットできない場合は、まだ少し大きい可能性があります。

その場合は、当たりが強そうな部分をハサミで1~2mm程度切り落としましょう。

Pitsole(ピットソール)はどんな靴に使える?

Pitsole(ピットソール)はスニーカーやウォーキング用の靴にはもちろんのこと、他のオシャレ靴にも使えます。

ヒールやパンプスなど、それぞれどんな靴に使えるのかチェックしておきましょう。

①:ヒールに使った場合

ピットソールはヒールの中に入れても使えます。

ただし元のインソールがある場合に限りますので、中々ないかも知れませんね。

元のインソールが付いていない場合でも、ちょっとサイズが大きめのヒールのときはピットソールを入れても問題なく履けますよ。

②:パンプスに使った場合

ピットソールはパンプスにも適用可能です。

注意点はヒールの靴のときと同じですが、ヒールは少しでも低い方が歩きやすいのでパンプスの方がおすすめですよ。

③:スリッパに使った場合

スリッパ型の靴にもピットソールを入れることができます。

かかとが見えてしまう場合は、ピットソールが外からのぞいてしまうかも知れませんが、きれいなピンク色なので少し見えても大丈夫でしょう。

でも元々スリッパ型の靴は、長距離を歩くのには不向きですので、ピットソールの効果を最大限にしたいなら、やめておく方がいいかも知れませんね。

Pitsole(ピットソール)のサイズや使い方についてまとめ

  • サイズを選ぶときは足の寸法を測る
  • 迷ったら大きめを選ぶ
  • 未開封の商品に限りサイズ交換が可能
  • ピットソールはハサミでカットしてサイズ調整する

以上のような内容をお届けしました。

ピットソールのサイズ選びや使い方を一歩間違えると、せっかくの効果が台無しになってしまいます。

解説した注意点をしっかり守って、美しいスタイルを目指してウォーキングしましょう。

ピットソールの実際の利用者の口コミはこちらの記事で紹介しているので、合わせてチェックしてみてくださいね。

>>ピットソールの利用者の良い口コミや悪い評判

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次