\今おすすめのプロテインはこれ1択!/LYFT

ベースフードはおならが出やすくなる?原因と対策から便秘改善の効果までを全解説!

この記事では、ベースフードでおならが出やすくなる原因と対策から、便秘改善の効果までを徹底解説しています。

ベースフードでおならが出やすくなる理由をしっかりと理解して、快適なダイエットライフを楽しみましょう!

まずは、ベースフードでおならが出るというリアルな声をネット上で調査!

そしておならが出るメカニズムや、ベースフードの食物繊維と便秘の関係にせまりますので、最後まで読んでみてくださいね。

目次

ベースフードはおならが出まくる…というネット上の声を紹介!

  • ベースフードにしたら屁が出る…
  • ベースブレッドを夜に食べたら屁が止まらん…
  • ベースフードを始めたらお腹が張っておならが出そう…

ベースフードを食べておならが出たという、ネット上の声が多数ありました。

男女関係なく、ベースフードを食べ始めてからおならが頻繁に出るようになったという意見が多かったです。

中にはおならが出てしまうので食べるタイミングを朝だけにするという工夫する方もいらっしゃいます。

それでは、ベースフードでおならがでたと言うネットの声を一つずつ詳しく紹介します。

ベースフードにしたら屁が出る…というネット上の声

ベースフードで栄養バランスを考える食生活にしたら、屁がめっちゃ出るようになったとのことです。

確かに、今までの食生活で足りていなかった栄養素を補うことで腸の動きも活発になり、おならが出るようになりますよ。

ベースフードはバランスよく栄養素が含まれている食品ですので、食べると便通も良くなります。

おならの匂いが気になるようなら、肉類などのタンパク質を摂り過ぎないようにすると、おならの匂いは抑えられますので安心してくださいね。

ベースブレッドを夜に食べたら屁が止まらん…というネット上の声

ベースフードを夜ご飯に食べたら屁が止まらなくなったとのこと…。

これはベースフードに含まれる食物繊維のおかげですね。

ベースフードは栄養バランスが良いので、偏った食事をしている方でも、普段意識しないと取りづらい栄養も摂取することができます。

特にベースフードに含まれる食物繊維は多いので、ただのダイエット食品ではなく、野菜も摂れる完全栄養食だといえるでしょう!

食物繊維が豊富なベースフードを食べて、腸活をするのもおすすめですよ。

ベースフードを始めたらお腹が張っておならが出そう…というネット上の声

ベースフードを始めてみたら、仕事中お腹が張っておならが出そうになったそうです。

これは、ベースフードを朝と昼に摂取すると、食物繊維が豊富な食事を2食も食べれるからに他なりません。

ダイエットだと偏った食事や食事を食べないことが多いので、水分不足で便秘になりがち…。

ベースフードは偏った食事にならないし、さらに腸が活発になるので、便秘知らずです。

上手にベースフードを活用して、効率よくダイエットを成功させましょう!

ベースフードを食べるとおならが出やすくなる3つの原因

おならの原因関連度
①食物繊維が豊富だから
②水溶性の食物繊維が発酵しやすいから
③炭水化物も同時に摂取することになるから

ベースフードを食べるとおならが出る3つの原因と、それぞれの関連度を5段階で評価しました。

原因を大別すると、食物繊維に関係するものと炭水化物に関するものに分けられます。

上記の表の内容を一つずつ解説していきますので、ベースフードで本当におならが出るのか真偽を確かめたい人は、しっかり確認しておきましょう。

おならの原因①:食物繊維が豊富だから

ベースフードはタンパク質が豊富に配合されていて、さらに筋肉を育てるビタミンも配合されています。

食物繊維の含有量も、6-7gと豊富!

1日の食事から摂る食物繊維の目標量は、18~69歳で1日当たり男性20g以上、女性18g以上となっています。

目標量から逆算するとベースフードにいかに食物繊維が多く含まれているかわかるでしょう!

食物繊維が多い食品を探すくらいなら、ベースフードにまかせておけば安心ですよ。

おならの原因②:水溶性の食物繊維が発酵しやすいから

ベースフードに含まれる水溶性の食物繊維は、腸の中で善玉菌のエサになり発酵する力があります。

発酵することにより「短鎖脂肪酸」という物質が生成されます。

この短鎖脂肪酸は痩せ菌と言われるほど、ダイエットに必要な物質で腸内環境を整えてくれる強力な味方なのです。

発酵する際に腸内活動が活発になり、おならが出やすくなります。

おならが出やすくなっているのは痩せていくサインですので、不審に思わなくても大丈夫ですよ。

おならの原因③:炭水化物も同時に摂取することになるから

ベースフードでは食物繊維も摂取することはできますが、炭水化物も23.9g含まれています。

炭水化物と食物繊維繊維は便通をよくしますが、腸内でガスを発生させやすい栄養素です。

消化しにくいことで、腸内活動を刺激するいい側面もありますがおならが出る原因にもなりえます。

体質的に多くガスを貯めてしまう方は、初めはベースフードを1食だけ変えてみて、様子を見ることをおすすめします。

ベースフードのおなら対策3選をご紹介!

おなら対策有効性
①よく噛んでゆっくり食べる
②水分を多めに摂取する
③他に食べる乳製品を控えめにする

ここまでベースフードを食べることでおならが出やすい原因やリアルな声を紹介しました。

いつでもどこでも出来るわけではないおならですので、どうにか対策したいですよね?

そこで、ベースフードでおならをしてしまうことの対策を上記の表にまとめました。

1番有効で簡単な対策は「よく噛んでゆっくり食べる」です。

食物繊維や炭水化物は消化されづらいものもあり、消化されないものはガスを出します。

消化されるように、よく噛んでゆっくり食べることで吸収しやすくなります。

そのほかの対策も詳しく解説していきます。

おなら対策①:よく噛んでゆっくり食べる

先程も紹介しましたが、ベースフードのおなら対策で1番有効だと思う対策が「よく噛んでゆっくり食べる」ことです。

ダイエットにも非常にいい効果が、よく噛んで食べることで満腹中枢が刺激されて、満腹感を得られます。

しかも胃や腸に負担がかからないように消化されやすい物質になっています。

今日からできる簡単なことですので、ぜひお試ししてみて!

おなら対策②:水分を多めに摂取する

ベースフードのおなら対策で有効なのが、水分を多めに摂取することです。

腸の中で消化しきれない食物繊維が発酵し、ガスを出します。

水分不足は便秘にもなりやすいため腸の中の排泄物が詰まってしまうことになり、余計にガスが出てしまいます。

なので、よく噛んでゆっくり食べて水分を摂ることで十分対策出来ます。

おなら対策③:他に食べる乳製品を控えめにする

ベースフードのおなら対策はよく噛んでゆっくり食べて水分を取ることで十分おなら対策になります。

それでも効果を感じられない場合は、他に食べる乳製品を控えめにしましょう!

乳製品にはラクトースという糖質が含まれています。

ですが、多くの人はこのラクトースを消化する酵素(ラクターゼ)を十分に持っていません。

そのため、便秘やガスの充満などを引き起こすと言われています。

乳製品は控えめにしましょう!

ベースフードに便秘改善の効果があるのはなぜ?

ベースフードがなぜ、便秘改善に効果があるのか?を解説していきます。

既出ですが、ベースフードには食物繊維が多く含まれています。

栄養素がバランスよく含まれている完全食です。

食物繊維をきちんと毎日摂取しようとしたら、1日に成人男性で21g、成人女性で18gも取らなければいけません。

例えば食物繊維を多く含む食品でいうと「おから」約50gで5.8gです。

毎日おからを食べ続けるって大変ですよね?

ベースフードなら1食分を変えるだけで、7gの食物繊維を手軽に摂取できます。

便秘改善に効果がある食物繊維をこんなに手軽に摂取できるので、人気なんですね!

あなたもベースフードで便秘知らずの体調になりましょう!

ベースフードとおならとの関係についてまとめ

  • ベースフードを食べるとおならが出るというネット上の声を確認
  • ベースフードでおならがでる原因は食物繊維が豊富だから
  • ベースフードのおなら対策はよく噛んでゆっくり食べて水分を多く取ること

ベースフードでおならが出る原因と、対策についてまとめました。

ベースフードでおならが出る原因は、食物繊維が豊富に含まれているので、腸内で発酵しガスを出すことです。

そして対策としては、ゆっくり食べて、よく噛んで食べること。水分を多くとることです。

きちんと消化するようにすればおならは出にくくなりますよ。

ベースフードを食べて、実際にどんな感じだったのか?私が購入した試してみた口コミ体験談を紹介していますので、こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

>>私がベースフードを実際に食べて試してみた口コミ体験談

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる