\今おすすめのプロテインはこれ1択!/LYFT

チョコザップの解約・退会の方法と注意点を徹底解説!再入会や休会はできる?

この記事では、チョコザップの解約や退会方法を紹介しています。

解約・退会の手続きには、気をつけるべき注意点が多数!

写真付きで解約・退会手順とポイントを解説した後に、再入会や休会についても説明します。

スムーズにちょこざっぷを利用停止したい人はこの記事を、アプリから具体的な解約ルールを確認したい人はこちらの公式サイトをチェックしましょう。

\ 月額2,980円で24時間通い放題! /

\ 全員に体組成計とヘルスウォッチがもらえる!

目次

チョコザップの2つの解約&退会パターンを知っておこう

  1. プラン解約
  2. 退会

チョコザップの利用を中止する際の手続きは、プラン解約と退会の2種類です。

ちょこざっぷでは、プラン解約のことを「退会」、退会のことを「無料IDの削除」と呼んでいます。

この2つは内容が大きく違うので、どちらの手続きが自分に必要かチェックしてみてください。

①:プラン解約

チョコザップのプラン解約とは、登録情報を残しつつ月額利用料を支払わなくてもすむ方法です。

今後チョコザップを再開する予定があるのなら、まずはプラン解約をおすすめします。

店舗の利用はできませんが、アプリなどのチョコザップに関するサービスは利用可能です。

体重やトレーニングの記録を確認したり、アプリ内で動画を視聴したりできます。

チョコザップの店舗には行けないけど自宅でのトレーニングができる時などには便利です。

②:退会

チョコザップの退会は、入会した時に入力した情報や今までの記録などを全て削除しなければいけない方法です。

退会の手続きを行う場合は、本当に退会してもいいのかしっかりと考えてから決断して下さい。

なぜなら、退会後に再度チョコザップに入会したい場合には面倒な手続き(入会金も)が必要になるからです。

アプリも使用できないので、トレーニング方法の動画の視聴もできなくなります。

少しでもチョコザップを今後利用する予定があれば、退会の手続きはおすすめしません。

チョコザップのプラン解約方法と手順を解説!

  1. アプリのメニュー画面へいく
  2. 退会/プラン解約をクリック
  3. 注意事項を読んでプラン解約へ進む
  4. 解約年月を入力しアンケートに回答して終了

チョコザップのプラン解約方法の手順は上記の4つです。

全てアプリ内で手続きをすることができます。

手順に沿っていけば簡単に行うことができるので、チョコザップのプラン解約が上手にできるか不安な人は参考にして下さい。

ステップ①:アプリのメニュー画面へいく

チョコザップのプラン解約はアプリ内にて行います。

アプリを開いた一番最初のページの右下にメニューのアイコンがありますので、クリックして下さい。

チョコザップは人件費削減のために店舗にスタッフが常駐していないため、全ての手続きをアプリ内で行わなければいけません。

チョコザップのプラン解約手続きだけではなく、クレジットカードなどの個人情報や目標・記録設定など大手のジムであればスタッフが行う設定もこのメニュー画面で行います。

ステップ②:退会/プラン解約をクリック

チョコザップのアプリ内でメニュー画面を開いたら、退会/プラン確認のメニューをクリックして下さい。

ちなみに自分が現在入会しているプランの確認ができるページもこちらです。

解約手続きをしたのか忘れてしまった人は、このページで確認して下さい。

プラン解約手続きを行うと無料会員となり、月額の支払いもなくなります。

解約手続きを忘れてしまっていた場合は、月額2,980円の利用料を支払わなければいけなくなり、チョコザップの店舗を使用していなかった場合はもったいないです。

ステップ③:注意事項を読んでプラン解約へ進む

チョコザップのプラン解約手続きの注意事項を確認してプラン解約に進んで下さい。

注意事項には、

  • 解約手続きの申請は解約したい月の10日まで行うこと
  • 11日以降に申請した場合は次の月の解約になる

プラン解約の際に知っておきたい期限の設定が記載されているので、確認が必要です。

プラン確認/解約へをクリックすると、退会/プラン確認のページに移動します。

ここで一番下の退会手続きを行うをクリックすると、チョコザップの有料会員を退会ページに進むことができるのです。

ステップ④:解約年月を入力しアンケートに回答して終了!

チョコザップの有料会員を解約する月を入力し、退会理由についての簡単なアンケートに答えた後、退会手続きを行うをクリックすると手続きは完了です。

申請した日が11日以降の場合は次の月からの退会扱いとなるので、注意して下さい。

自分自身で解約する月を選ぶことができます。

今後仕事や家庭などの事情で忙しくなり、チョコザップにしばらく通うことができそうにないと判断した時点で退会の手続きを行うこともひとつの方法です。

チョコザップのプラン解約に関する6つの注意点!

チョコザップのプラン解約に関して注意しなければいけないことは上記の6点です。

利用料の支払いについての注意点も多く、今後チョコザップのプラン解約を考えている人はサービス内容を確認してから手続きをして下さい。

注意点①:プラン解約の締め日は毎月10日である

チョコザップのプラン解約の締め日は毎月10日です。

解約したい月の10日までに解約の手続きが間に合わなかった場合は、翌月の末までが契約期間となります。

大手のジムの場合はプラン解約などは店舗に行かなければいけないところがあるため、解約したいけど仕事や家事が忙しくて10日までに店舗に行くことができないと心配している人も安心して下さい。

チョコザップのプラン解約手続きはアプリ内で完結するので、隙間の時間に手続きを行うことが可能です。

注意点②:解約時は日割りでの返金はない

チョコザップのプラン解約時は日割りの返金はありません。

チョコザップに月の途中から入会した場合、入会月は日割り計算で利用料を支払います。

ですが、解約時に日割りの適応はなく、一律解約月の1ヶ月分の利用料を支払わなければいけません。

そのため11日以降の解約手続きの場合は、10日に手続きした場合と比べて1ヶ月分余分に利用料が請求されるので注意が必要です。

チョコザップのプラン解約はアプリから簡単に行うことができるので、忘れる前に手続きを行って下さい。

注意点③:次回入会時は入会金と手数料が必要

チョコザップは退会してしまうと再入会する時に入会金と手数料が必要になります。

プランの解約だけであれば、利用再開時は再度プラン変更の手続きを行うだけで、入会金と手数料を支払う必要はありません。

大手のジムでは施設を使用しない時も休会期間も一定の金額を払わなければいけないところもあります。

チョコザップはプラン解約手続きで利用を中止した後は、利用料を請求されることはないので、利用停止中に費用の心配をする必要はありません。

注意点④:手続き後も解約月の月末までは利用できる

チョコザップの有料プランの解約手続きをした後も、解約月の月末までは店舗を利用することができます。

仕事や家事が忙しくなる時期をあらかじめ予測でき、早めに解約手続きを行う人もいるでしょう。

「あまりに早く解約手続きをしてしまうと、まだ行くことができる期間にもチョコザップの店舗を使用できなくなってしまうのか」と心配されている人にはありがたいことですね。

利用できる最終日までしっかりとチョコザップを活用することをおすすめします。

注意点⑤:プラン解約の縛りや違約金はかからない

チョコザップのプラン解約には条件や違約金は発生しません。

ジムによっては入会した後は一定期間以上は解約や退会ができない契約になっており、守れなかった場合には違約金を請求させるところもあります。

チョコザップは入会金や事務手数料が無料のキャンペーン期間中に入会したとしても、一定期間以上は解約できないなどの決まりはありません。

入会する時と同様に、気軽にプラン解約ができるのもチョコザップ入会の敷居が低い理由のひとつです。

注意点⑥:退会しても体重計は返却不要

チョコザップのプランを解約したり退会したりした場合でも体重計は返却する必要はありません。

チョコザップの入会特典の体重計やヘルスウォッチは、プランを解約した後も引き続き利用することができます。

有料会員を解約しただけならば、アプリも使用することも可能です。

体重やトレーニングの結果などをアプリに飛ばして記録することもできます。

例えチョコザップの店舗に行くことが難しくプランを解約した場合でも、自己管理のために体重などの記録はするようにして下さい。

チョコザップの退会方法と手順を解説!

  1. まずはプラン解約の手続きをする
  2. アプリのメニュー画面へいく
  3. 一番下の無料IDの削除申請をクリック
  4. ZAPIDの削除申請フォームに入力して送信

チョコザップの退会方法の手順は上記の4つです。

1つずつ退会手順を解説しますので、IDごと削除したい人は上から順に読み進めて下さい。

ステップ①:まずはプラン解約の手続きをする

チョコザップを退会する時は、まずはプラン解約手続きから始めます。

前の章でお伝えしてた通り、プラン解約手続きはアプリ内で行うことが可能です。

チョコザップのアプリを開き、画面の下のメニューのページをタップすると、退会/プラン解約手続きの画面に進みます。

退会手続きを行うというページが表示されますので、退会の理由についての簡単なアンケートに解答後、注意事項に同意の欄にチェックを行って、チョコザッププラン解約手続きの完了です。

ステップ②:アプリのメニュー画面へいく

チョコザップのプランを解約した後は再度メニュー画面に移動して下さい。

プラン解約の手続きと同じような手順で退会/プラン確認のところをクリックして、チョコザップ退会の手続きにすすみます。

今ではプラン解約の手続きと同じように、退会の手続きもアプリ内で行うことができますが、以前は電話のみの受け付けでした。

電話をすると引き留められるようで緊張する人、人と話すのが苦手という人からしたら、アプリ内でチョコザップの退会の手続きが完結するとなればありがたいですよね。

ステップ③:一番下の無料IDの削除申請をクリック

チョコザップのアプリ内の退会/プラン確認のページの一番下の無料IDの削除申請はコチラのボタンをクリックして下さい。

この削除申請を行うことで、チョコザップ内に登録してある個人情報を全て消去することができます。

チョコザップは有料プラン解約手続きを行えば、余分な利用料を払う必要はありません。

チョコザップの店舗を利用しないだけであれば、プランの解約をおすすめします。

個人情報がチョコザップ側に残っているのが心配という人は、削除申請を行い退会する方が安心ですね。

ステップ④:ZAPIDの削除申請フォームに入力して送信

ZAPIDの削除申請フォームに必要事項を入力して送信すれば、チョコザップの退会手続きは終了です。

注意事項に記載してありますが、有料プラン会員を解約していない状態での削除申請はできないため、必ずステップ①の「プラン解約手続き」を行って下さい。

その他一度削除申請し、ZAPIDを消してしまうとアプリの利用を含め、全てのチョコザップのサービスが停止となります。

元に戻すことも難しいため、本当にチョコザップからデータを消去しても問題ないのか考えてから削除申請を行って下さい。

チョコザップの退会に関する4つの注意点!

チョコザップを退会に関しての注意点は上記の4点です。

退会するとチョコザップの様々なサービスを受けることができません。

チョコザップのどのようなサービスも受けられなくなるのか確認したい人は参考にして下さい。

注意点①:ZAPIDが消滅するのでログインできなくなる

チョコザップを退会するとZAPIDは消滅するため、アプリなどへのログインができなくなります。

アプリを使用することができないため、今までの体重や体脂肪の変化、トレーニングの記録などを見返すことができません。

体組成計を返却する必要はありませんが、新しいデータをアプリと連動させることも不可能です。

自分の今までの努力や希望を確認することができなくなるので、チョコザップを退会という手段ではなくプラン解約の方法をおすすめします。

注意点②:クレジットカードなどの引継ぎ情報がなくなる

チョコザップを退会するとクレジットカードなど引き続き情報がなくなります。

ZAPIDを削除したことによって全ての個人情報が消去されたため、今まで引き落としに使用していたクレジットカードは使用できません。

チョコザップの支払いは主にクレジットカードにて行っています。

チョコザップは再入会する時は、一からクレジットカードの情報を入力しなければいけなくなるため、大変面倒です。

今後少しでもチョコザップを利用する可能性があるなら退会ではなく、プラン解約の手段をとってくださいね。

注意点③:トレーニング視聴動画が見れなくなる

チョコザップを退会してしまうとトレーニング動画を見ることができません。

ZAPIDが削除されているため、アプリにログインすることができないからです。

チョコザップを退会するのではなく、有料会員のプラン解約という方法であれば、月額利用料を払わなくてもトレーニング動画を見るなどのアプリを使用することができます。

チョコザップの店舗に行けなくてもトレーニングは続ける予定の人は、退会ではなくプラン解約の方法を選択して下さい。

注意点④:会員登録時に誤入力しても一度退会する必要はない

チョコザップに入会する際に会員登録の内容を間違って入力してしまっても、一度退会して再度内容を入力し直す必要はありません。

個人情報の変更は、チョコザップのアプリ内のマイページメニューから行うことができます。

一度チョコザップを退会してしまうと、クレジットカード情報を入力したり、入会金や事務手数料を再度支払わなければいけません。

手間がかかってしまうので、チョコザップの退会の処理は最終手段にするようにして下さい。

チョコザップは再入会できる?

チョコザップは再入会することは可能です。

プラン解約にて利用を中止しているなら、再度有料会員になるようにプランを登録し直すだけなので、すぐに利用することができます。

退会をしてしまった場合は、再度個人情報やクレジットカード情報などを入力したり、入会金を支払わなければいけなかったりと手間がかかる作業が多いです。

退会後2ヶ月以内で再入会する場合、メールアドレスも以前登録したものと一緒のアドレスを登録することはできないため、一度サポートセンターに連絡する必要があります。

一時的にチョコザップを利用しないだけなのであれば、退会という手続きではなく、データはそのまま残しアプリの利用できる有料プラン会員の解約の手続きがおすすめです。

チョコザップは休会できる?

チョコザップには休会プランと呼ばれる休会制度があります。

休会プランにする場合はアプリのプラン変更の画面から手続きを行って下さい。

上の図でいうと月額定額プランは、チョコザップの店舗を利用してトレーニングや脱毛、エステなどを行うことができるプランのことです。

休会プランは3ヶ月間まで選ぶことができ、選択した期間を過ぎてしまうと月額定額プランに戻ってしまうので注意して下さい。

チョコザップを長期間利用しないようであれば、休会プランにするのではなく、解約月を決めるだけで期限を決める必要がないプランの解約手続きの方がおすすめです。

プラン解約手続きを行えば、休会プランのようにチョコザップを利用してない期間は月額の利用料は請求されません。

チョコザップの解約や退会についてまとめ

  • チョコザップにはプラン解約と退会の2種類がある
  • プラン解約なら一部のサービスを引き続き利用可能
  • プラン解約か休会をすれば利用料は請求されない
  • チョコザップを退会すると情報が全て削除される
  • プラン解約、退会、休会はアプリで簡単にできる

以上の内容をお届けしました。

チョコザップをしばらく利用しないようであれば、プラン解約手続きをするようにして下さい。

利用しない間に月額利用料は発生しないですし、チョコザップの一部のサービスを利用できるからです。

チョコザップに実際に入会してジムを試してみた私の口コミ体験をこちらの記事で紹介しているので、合わせてチェックしてみてくださいね。

>>ちょこざっぷを試した私の口コミ体験

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次