\今おすすめのプロテインはこれ1択!/LYFT

NIMA(ニーマ) スキーウェアのレビュー(子供用)

今回は、NIMA(ニーマ)スキーウェアをご紹介したいと思います。他にも以下のブランドのスキーウェアを購入してレビューしていますので興味があればご覧ください。

ONYONE RESEEDA スキーウェアのレビュー(子供用)

ONYONE RESEEDA スキーウェアのレビュー(幼児用)

合わせて、子供用スキーウェア購入のポイントもご覧ください。

今回は6~8歳程度の子供向けのスキーウェアのご紹介です。子供って自分の好きな色を明確に持っています。私の子の場合は男の子というのもあって「青」が好きです。色からウェアの好き嫌いを判断していきます。しかもその好きな色というのは大体ポップな色が多いです。

大人がスキーウェアを選ぶとなると、男性だと黒やグレーや茶といった色を基調にすることが多いと思いますが、子供は違います。とにかく「青」。それも真っ青な色でなければいけません。

今回おススメするブランドは、NIMA(ニーマ)です。2015年からできた新しいブランドです。ブランドコンセプトは、JOYFUL=「仲間達と素敵な時間を楽しむ」とのこと。また「元気で明るく」「ファッショントレンドにこだわった」ラインナップをそろえています。私が見る限り、やはり明るいビビッドな色合いのデザインが多いです。真っ青なデザインを探すには持ってこいでしょう。価格も数千円程度で他のブランドと大差はないです。

ちなみに会社は、ウインデックス株式会社といって、岐阜県岐阜市を拠点に、スポーツ用品の製造および卸売を手掛けています。実際の製造は中国がほとんどです。実際購入してみてみましたが、作りはしっかりしていて、防水性も問題ありませんでした。

ヒマラヤオンラインやamazonや楽天で購入することができます。

NIMA(ニーマ) スキーウェア 

【ニーマ nima キッズ スキーウェア 上下セット JR-8053 BLUのレビュー】

今回は上記の通り「真っ青がよい」とのご本人の意見を尊重し、amazonの画面を子供に見てもらって気に入ったデザインのスキーウェアを購入いたしました。

ポチって5日後に到着しました。外観です。

ご希望の青を記帳として、白の四角型のモチーフ、黄色のラインモチーフ等がいくつも組み合わされていて、かなりポップで可愛いです。ゲレンデでも目立つこと間違いなしでしょう。ファスナーの取っ手も可愛いです。ちなみにONYONEとは違って、ファスナーの取っ手が笛つきになってはいません。

裏地も表と同様にポリエステル生地になっており、色は明るいグレーでした。名前を書き込む欄があります。

ファスナーです。しっかりしていて、上げ下げで引っかかることはありません。4回ほど使用しましたが、壊れずに使えています。

裾には絞りがついていて、絞ることができますが、この機能は私は使っていません。

中タグの詳細です。ご参考ください。製造元は中国になっています。

サイズ表示です。範囲が書いてあります。特に身長は105~125とかなり幅があります。これはONYONEと同様に、サイズ調整機能がついていることを示しています。ジャケットは、襟後ろの紐を引くことで袖の長さが調節できます。パンツは、内側にある紐を引くことで裾の長さが調節できます。

フードは、マジックテープで着脱可能になっています。

バックデザインです。表同様に明るくて目立ちます。

パンツの全体です。色は黄緑色です。真っ青なジャケットと非常によく合います。本当にゲレンデではよく目立ちますよ。

肩掛け部分です。長さが調節できるようになっています。後ろ部分がゴムになっていて簡単に着脱できるし、運動中も外れないようになっています。

パンツの裾もゴムで絞られていて、裾から雪が入ってくることを防ぎます。

前ファスナーになっています。腰周りもマジックテープで絞ることができます。

実際に雪山で使ってみました。男の子なのでかなりハードな使い方です。雪山につくなり、雪に向かってダイブしていました。その後は終始鼻水を垂らしながら延々と雪合戦です。投げられた雪が顔部分からウェアの中に入ったりすることはありましたが、その他のところはほぼ濡れていない様子です。防水性も耐久性もまずまず満足といったところです。それにしても雪山で着るとさらにこのデザインが映えますね。格好良い、というよりは可愛いという方が適しているような感じです。

NIMAブランドコンセプトのとおり「明るく元気な」良いスキーウェアが手に入って、私も子供も大満足でした。

NIMA(ニーマ) スキーウェア 

☆アウトドア:19記事=レベル22に上がった! [次なる目標は27記事=レベル30]

 

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる