\今おすすめのプロテインはこれ1択!/LYFT

ONYONE SUET(スウェート)スキーウェアのレビュー(レディース用)

今回は、ONYONE SUET(スウェート)スキーウェアをご紹介したいと思います。他にも以下のブランドのスキーウェアを購入してレビューしていますので興味があればご覧ください。

ONYONE RESEEDA スキーウェアのレビュー(子供用)

ONYONE RESEEDA スキーウェアのレビュー(幼児用)

NIMA(ニーマ) スキーウェアのレビュー(子供用)

合わせて、子供用スキーウェア購入のポイントもご覧ください。

今回は女性(レディース)向けのスキーウェアのご紹介です。スキーウェアといえばレディース。という感覚があります。やはりゲレンデで一番映えるのは、明るくて可愛いレディースのウェアでしょう。俗にいうゲレンデマジックを引き起こす最大の武器にもなりえます。

子供用をご紹介してきたので次に大人のレディース用を購入するとなると、お気づきかと思いますが、今回はママ用になります。そこまで派手すぎず、でも可愛いウェアを選びたいです。

今回ご紹介する「SUET(スウェート)」というブランドですが、大人用だけでなく子供用も豊富にあるようです。前回紹介した「RESEEDA」よりは、シンプルなデザインが多いように思います。シンプル好きにはぴったりですね。

そして製作メーカーは、ONYONEです。スポーツウェアの企画・製造・販売をやっていて、創業が1961年。本社は新潟県長岡市にあります。「恩田米七商店」というのが当初の名前だったようです、スキーウェア界の老舗ですね。

子供服と同様に、ヒマラヤオンラインやamazonや楽天で購入することができます。

amazonでスキー 

【ONYONE SUET(スウェート)スキーウェアのレビュー】

今回ご本人の要望は、シンプルで派手過ぎず、でも可愛いウェアとのことで、まさに「SUET(スウェート)」がぴったりです。amazonでたくさん見ましたが、よりシンプルで映えるデザインということでこちらの品を選びました。

ポチって5日後に到着しました。外観です。

 

白を基調としていていますが、裏地もピンクが見えていています。フードの茶色の毛も可愛いです。ゲレンデで白が映えるかどうか分かりませんが、女性が白のウェアを着ているととても可愛く思えてしまいます。

ファスナー部分はレザー仕様になっています。お洒落ですね。

左袖にもはリフトのパス券が入れられるようになっています。まだ使ったことはありませんが。

裏地は濃い茶色です。先ほど見えていたピンク裏地はフードの裏地だったようです。白と来い茶色。シンプルで可愛い色合いですね。

裏側にはポケットがついています。小銭やタオルハンカチ、リップクリームなど色々入ると思います。

裏地のタグです。製造元は中国のようです。ポリエステル100%ですが、ポリウレタンコーティングもしているとのこと。耐久性が期待できます。

こちらは当ウェアの注意書きです。長持ちさせるにはよく読んで気をつける必要があります。

絞りもついていて裾を絞ることもできますが、、使いませんよね。でもデザインとしては付いていて欲しい部分です。

SUETのロゴです。

フード等の頭周りの部分です。向かって右側にピンクのラインが見えます。こうゆうディテールが良いです。シンプルで可愛いです。

裏面の外観です。裏も白一面です。こういうシンプルなウェア、私は好きです。

ここでパンツのご紹介です。パンツの色は、濃いグレーです。裏地はジャケットと同じで、濃い茶色です。本当にシンプルですね。

肩のサスペンション部分です。長さが調整できるようになっています。ボタンとファスナーを外せば容易に脱ぎ着できるそうです。

パンツの裾部分です。ゴムが入っていて絞られています。この機能により足元から雪が入ってくることはなさそうです。

パンツの裏側です。もちろんシンプルイズベストです。

先日、雪山にこのウェアを着ていってみました。

良いですね!!やっぱりこの白色が映えます。

女性らしさをより引き立ててくれています。

先日雪山で初披露目を行いました。本人曰く「普通のウェアだけど、普通に使える」とのことです。おそらく、デザインも悪くなく、作りもしっかりしているという意味だと思います。

子供たちには本気で雪玉を投げられたり、時には転倒したりしましたが、全くインナーは濡れることはなく、中も蒸れずに快適だったそうです。

シンプルイズベスト!(価格も安い) ですね。

☆アウトドア:20記事=レベル23に上がった! [次なる目標は27記事=レベル30]

 

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる