\今おすすめのプロテインはこれ1択!/LYFT

VISIONPEAKS スキーグローブ(手袋) VP131701G03 のレビュー

今回は、VISIONPEAKS スキーグローブ(手袋)をご紹介したいと思います。

 

スキーやスノボーをするときの必須アイテムとして上がってくるのがこのスキーグローブです。

防寒用としてだけでなく、手を危険から守る保護具として雪山遊びでは必ず必要になります。

VISIONPEAKS スキーグローブ(手袋)を購入して使ってみましたのでレビューしたいと思います。

VISIONPEAKS スキーグローブ(手袋) 

 

目次

VISIONPEAKS スキーグローブ(手袋) VP131701G03 レビュー

今回は子供用のスキーグローブの購入をしました。しっかりとヒマラヤの店舗で試着確認を繰り返して、デザインと価格がマッチングするものをamazonで購入しました。やはりamazonの方が安いですね。子供用として青の男の子用、ピンクの女の子用を購入しました。

ポチって2日後に到着しました。さすがamazonさん早いですね。

まずは青の男の子用を紹介していきます。こちらが外観になります。

青を基調とたデザインです。指と手の甲は黒色になっていて素材が違っていることを示しています。手首部はしっかり絞りがあり、雪が中に入るのを防止します。装着はマジックテープになっていて簡単に着脱ができるようになっています。引っ掛けるためのホルダーも付いています。

手のひら側になります。黒い部分は実際は若干硬い素材になっています。耐水性を高めるために合成皮革になっています。青い部分はポリエステルです。後述しますが、耐水性はバッチリでした。

中はフリース生地で肌触りがよく、暖かそうです。中の生地と外の生地は別体にはなっていません。子供用なので丸洗いするので十分かなと思います。

名前を書くところがあります。製造元はベトナムみたいですね。

 

次はピンクの女の子用をご紹介していきます。男の子用と女の子用は色違いのセットのようです。まずは外観から紹介していきます。

ピンクを基調として、手のひらはグレーの生地です。シンプルで可愛いデザインです。

男の子用と同様に手のひらの素材が他と違っていて合成皮革になっています。防水性はバッチリですね。引っ掛けるようのホルダーと紛失防止で連結ホルダーもついています。

中は白のフリース生地です。こちらも暖かそうですね。ピンクに白は映えて可愛らしいです。

着脱も同様にマジックテープになっていて子供でも自分で簡単に着脱できます。グローブの耐久性で一番大切なのはこのマジックテープの信頼度ではないでしょうか。作りは結構しっかりしてそうです。

早速雪山で使用しました。用途は男の子は主に雪合戦、女の子は主に雪だるま作りです。両方ともかなり雪を積極的に掴みにいく作業をしましたが、大きな雪用の手袋にも関わらず全然気にせず使えているようです。耐水性もよく、水で手が濡れるようなこともありませんでした。耐水性、保温性、操作性、デザイン・価格ともにかなり満足いく商品だったとおもいます。

子供用としてVISIONPEAKS スキーグローブ(手袋)は、おススメできます。

 

スキーグローブ(手袋)の購入のポイント

 

スキーグローブは、購入しようと思ってもたくさん種類があって迷ってしまいますよね。

素材やデザインや機能によって、価格も機能も様々です。

初めて購入される方などは失敗せずに低価格・高機能なものを選びたいと思います。

そこで私が購入のポイントを紹介いたします。

 

1.防水性

最も高い位置づけにあるのが防水性でしょう。せっかく保温性が高く良いデザインのものであっても、中に水が染み込んできたら本末転倒です。すぐに手が濡れて冷たく不快な思いをしてしまうでしょう。最近は万が一中まで染み込んできたことも想定して、防水フィルムを中に備えているものもあります。よくチェックしましょう。

2.保温性

長時間雪山にいることになりますので保温性ももちろん必要になります。指先は毛細血管がはしっているので、血管および皮膚の表面積が大きく、自然放冷させるには都合が良いのですが、保温させるには難しい体の器官です。しっかりと断熱性能の高い素材を選ぶ必要があります。空気の高い断熱性能を期待して、ボア生地やフリース素材を選ぶと良いでしょう。動くと汗もかきますので吸湿性も必要です。

3.操作性

通常の手袋と違ってサイズ感や動かせやすいかどうかという操作性が重要になります。どうしても外側素材が硬くて手の大きさにフィットしてきませんので、大き過ぎず小さ過ぎないちょうど良いサイズを選びましょう。しかし中には指を動かしたときに動かしづらい、指先に違和感を感じるものもあります。できれば試着して試す方が良いでしょう。防水性、保温性とはトレードオフの関係になりますので注意が必要です。

4.デザインと価格

やはりデザインと価格は大切です。これを重視して商品選定をされる方がほとんどではないでしょうか。最近はシンプルなデザインのものから、クールなデザイン、ポップなデザインと数多くのデザインがあります。アマゾンやヒマラヤオンラインなどのサイトでウインドウショッピングを楽しみましょう。価格は1,000~3,000円程度が多いです。ブランド品はおいておくと、価格が高いものほど作りがしっかりして丈夫で長持ちするようになります。

 

まとめ:VISIONPEAKS スキーグローブ(手袋) は初心者におすすめ

結論!

VISIONPEAKS スキーグローブ(手袋) は初心者におすすめです。

その理由は、「デザインの汎用性」と「作りの頑丈」さと「価格」です。

初心者の方は安心して本商品をご購入ください。

たくさんの人が使っているので、間違えないように気をつけて下さいね。

VISIONPEAKS スキーグローブ(手袋) 

 

他にも以下のブランドのスキーウェアを購入してレビューしていますので興味があればご覧ください。

ONYONE RESEEDA スキーウェアのレビュー(子供用)

ONYONE RESEEDA スキーウェアのレビュー(幼児用)

NIMA(ニーマ) スキーウェアのレビュー(子供用)

ONYONE SUET(スウェート)スキーウェアのレビュー(レディース用)

合わせて、子供用スキーウェア購入のポイントもご覧ください。

☆アウトドア:21記事=レベル24に上がった! [次なる目標は27記事=レベル30]

 

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる